【業者を使わない!】クレジットカード現金化を自分で契約登録せず行うのがベスト!

投稿日:

クレジットカード現金化というと、よく耳にするクレジットカード現金化業者を利用するというイメージがあるかもしれません。

しかし、そのような業者を使わずに自分でクレジットカード現金化をするという方法もいくつかあります。

今回は現金化コラムでお金を作る方法の中から、自分でできる現金化の方法をいくつか紹介します。

業者を使わない自分で現金化するなら換金率の高い商品を購入して転売する

業者を使わない自分で現金化するなら換金率の高い商品を購入して転売する

クレジットカードで、換金性の高い商品を購入し買取専門店を利用すれば現金化をすることが可能です。

また、フリマアプリを使って転売すればさらに高い換金率で現金化できる可能性があります。

価値のあるものや高く売れやすいもの、希少価値のあるレア物などは場合によっては定価よりも高い金額で売れるケースもあります。
ただ、知識がなければ定価と同等もしくは定価よりも高く売ることはなかなか難しいのが実状です。

また、転売を目的としてクレジットカードで購入したものの、結局高い金額で売れなかったという失敗も少なくはありません。

金券・商品券などをショップで業者を使わない自分で現金化などで売却する

金券・商品券などをショップで業者を使わない自分で現金化などで売却する

クレジットカードで金券・商品券などを購入し、金券ショップで買取してもらうという方法もあります。

ただし、全ての金券・商品券がクレジットカードで購入できるわけではありません。

クレジットカードで購入できるのは、クレジットカード会社の発行する一部の商品券や新幹線回数券などに限られます。

新幹線回数券は駅のみどりの窓口で購入してから、駅周辺にある金券ショップですぐに換金できるので現金化目的には向いています。

ただし、クレジットカード会社から現金化目的とみなされ、規約違反の処分(カード利用停止など)の処分を受ける場合があるので注意が必要です。

電子マネーを換金して業者を使わない自分で現金化できるの?

電子マネーを換金して業者を使わない自分で現金化できるの?

電子マネー自体を現金化することはできません。

しかし、電子マネーで購入したものは換金することが可能です。

最近では支払い方法で電子マネーに対応している店舗は多いので、換金性の高い商品を購入して買取専門店やフリマアプリで現金化するという方法もあります。

郵便局でもレターパックなどを電子マネーで購入できるので、購入したレターパックなどをそのまま金券ショップなどで売却すれば現金が手に入ります。

また、電子マネーはクレジットカードでのチャージができる場合もあるので、その方法を利用すればクレジットカードの現金化をすることも可能です。

たとえばイオンカードなら電子マネーWAONに専用の機械で簡単にクレジットカードチャージができます。

業者を使わない自分で高級ブランド品を現金化する

業者を使わない自分で高級ブランド品を現金化する

高級ブランド品をリサイクルショップなどで売却するという方法もあります。

ただ、リサイクルショップなどの買取専門店の場合、いくら「高価買取」と宣伝していても、店側の利益などが大幅にとられることになるため、実際に購入した時の金額よりは買取金額かなり安くなってしまうことが多いです。

できるだけ損をせずに多くの現金を手に入れたいのであれば、高級ブランド品はフリマアプリなどで自分で売却した方がいいでしょう。

デメリットとしては、出品や発送などに手間がかかること、個人間の取引となるので少なからずリスクもあることが挙げられます。

安全にネットオークションを使って自分で業者を使わず現金化

安全にネットオークションを使って自分で業者を使わず現金化

購入した商品を自分で現金化する方法としては、フリマアプリ以外にはネットオークションという方法もあります。

ネットオークションはフリマアプリよりも歴史が古いのでフリマアプリに慣れていない人も利用していることが多く、サイト側もトラブル対応やサポートを行っているので安心して利用できます。

思った以上に高い値がつくというケースもあります。

ただし、やはり確実に高く売れるという保証はないことや、中には悪質ないたずら入札などをする人もいるので気をつけて利用しなければなりません。

業者を使わない自分で仮想通貨を現金化する

業者を使わない自分で仮想通貨を現金化する

ビットコインなどの仮想通貨を現金化するには、プリペイドカードを利用するという方法があります。

日本ではバンドルカードというものが利用できます。

仮想通貨を使ってバンドルカードにチャージすれば、日本国内の加盟店での支払いに使用することができます。

とはいえ、この方法では厳密に言うと現金という形に変えることはできません。

現金を手に入れたいという人にはあまりメリットの感じられない手段といえるでしょう。

業者を使わない自分で携帯スマホを便利に現金化する

業者を使わない自分で携帯スマホを便利に現金化する

携帯やスマホを使って自分で現金を手に入れる方法のには、現在普及している携帯のキャリア決済を利用する方法があります。

たとえば、docomoであればd払いという決済手段があり、それを利用して商品を購入することが可能です。

購入した商品をリサイクルショップや買取専門店、フリマアプリなどで転売すれば、現在手元に現金がなくても現金を入手することができます。

携帯キャリア決済の支払いは電話料金と一緒に引き落としにすることもできるので、給料日前になんとかしたいという人にも便利です。

ただし、クレジットカードなどと比べると支払いに利用できる店舗やサイトは限られているのがデメリットです。

業者を使わない自分でプリペイドカードを気軽に現金化する

業者を使わない自分でプリペイドカードを気軽に現金化する

プリペイドカードとしてよく使われているバンドルカードを利用すれば、Amazonギフト券など換金性の高いギフト券を購入することができます。

Amazon公式サイトで支払い方法でバンドルカードを使用してAmazonギフト券を購入し、ネット上のAmazonギフト券買取サイトで売却すれば簡単に現金が手に入ります。

また、バンドルカードはクレジットカードでチャージすることが可能です。

現金が手元にない時は、バンドルカードにクレジットカードチャージをする方法で商品を購入したり、購入した商品を転売するという方法もあります。

クレジットカード現金化を自分でやるメリット・デメリット

クレジットカード現金化を自分でやるメリット・デメリット

クレジットカード現金化は、自分でクレジットカードを使って換金性の高い商品を購入し、転売するという方法で行うことができます。

クレジットカード現金化業者を利用するのに抵抗がある人や、周りの人に現金化業者を利用したことを知られたくない人には自分で現金化する方法にメリットを感じるでしょう。

クレジットカード現金化業者はたくさんあって選び方がわからない、悪質業者に騙されるのが怖い、という人の場合は自分で現金化できるならその方が安心だといえます。

ただし、この方法では手に入る金額がかなり少なく損をしてしまったり、知識がなければさまざまな失敗をしてしまう可能性がある、という点がデメリットです。

換金性の高い商品を不自然に購入することにより、クレジットカード会社から現金化目的と判断され、クレジットカードが利用停止になるというのが最悪のパターンです。

あまり頻繁に高額の現金化をしようとすると、クレジットカード会社から調査の入る原因にもなるので、本当に困った時にだけ利用するようにしなければなりません。

クレジットカード現金化を業者を使わずに自分でするならば、事前によく情報を集めて慎重に行う必要があります。

工夫次第で業者を使わず自分で現金化をしてみよう!

工夫次第で業者を使わず自分で現金化をしてみよう!

どうしてもクレジットカード現金化業者を利用したくない、利用できないという場合には、工夫次第で自分でクレジットカード現金化を行うことは可能です。

その場合は、できるだけ換金性が高く売れやすいものを購入するのがおすすめではありますが、金券などを高額で頻繁に購入することは、クレジットカード自体が使えなくなることになり、利便性だけでなく信用情報にも関わるので注意しましょう。

自分で業者を使わないでクレジットカードを現金化するなら、手間はかかりますが、電子マネーやプリペイドカードなどにチャージして間接的に現金化する方法の方が安全とも考えられます。

どうしても現金化手元になくて困っている時は、ここで読んだ内容を現金化の参考にしてください。

以上、【業者を使わない!】クレジットカード現金化は自分で行う方法が効率がいい...でした。

-現金化コラム

Copyright© クレジットカード現金化 , 2021 AllRights Reserved.